私たち全農グループは、生産者と消費者を安心で結ぶ懸け橋になります。

全国農業協同組合連合会 栃木県本部

  • 消費者の皆様へ
  • 生産者の皆様へ
  • 自己改革取り組み


取り組みのご紹介

2018/11/09 09:27生産振興

いちご実証栽培施設「いちごゆめファーム」【高単収・担い手育成への挑戦】

 栃木県のいちごは作付面積・産出額ともに全国1位ですが、高齢化による生産者数や面積の減少が発生しています。そこで、生産面積の拡大や単収向上へ関心を寄せる生産者の手助けをするための施設「いちごゆめファーム」を開設し、生産者の手取り最大化に向けた取り組みを行っています。

”いちごゆめファーム”とは

 ”いちごゆめファーム”とは、「全農独自のいちご高単収生産パッケージの実証と提案」、「次代の担い手育成とネットワーク基盤づくり」の2本の柱を掲げた、実証栽培施設です。
 JAはが野管内にて、高収量栽培に取り組む生産者と提携し、レベルの高い安定・多収量栽培技術の実証に取り組んでいます。栽培に関するデータの収集・分析を行い、将来的に県内のいちご農家へ情報提供・営農支援できるような仕組みを構築して参ります。
 また、新たにいちご栽培に取り組む農家や高単収を目指す農家の受入研修や、JA職員への栽培技術の指導などを行い、担い手育成へと繋げていきます。

 

 

 


現場の声