私たち全農グループは、生産者と消費者を安心で結ぶ懸け橋になります。

JA全農とちぎ

たちつてとちぎ

ホーム » たちつてとちぎ » とちぎの米・麦・大豆

とちぎの米・麦・大豆

 栃木県は古くは「下野(しもつけ)の国」と呼ばれていました。「け」は「毛(穀物)」を意味し、五穀に恵まれた豊かな土地とされていたようです。これは、そのまま現在も当てはまること。日光・那須の山々から流れ出る鬼怒川、那珂川などの清流、そして肥沃な大地。稲をはじめ、麦や大豆を豊かに育みます。

| コシヒカリ | あさひの夢 | なすひかり |とちぎの星 | 小麦 | 二条大麦 | 六条大麦 | 大豆 | お知らせ |

コシヒカリ

【特徴】
 ご存知、我が国を代表する品種です。栃木県でも作付け第1位で、私たちJAグループ栃木での取扱量は、新潟県に次いで第2位となっています。寒さに強く、食味が極めて良好な品種で、栃木県では県北から県中部を中心に広く栽培されています。
 また、栃木県産コシヒカリは、「穂の香」のブランド名でもお届けしており、平成23年度産からは、米袋をリニューアルし、新キャラクター「ほのかちゃん」を採用しています。
とちぎのコシヒカリ(とちコシ)のことは、こちらから!
(リンク:http://www.tochikoshi.com/

あさひの夢

【特徴】
 県内で約10%作付けされています。県中部から南部は温暖な気候を活かしての麦との二毛作が行われている地域。こうした地域に適した倒伏やいもち病に強く、食味のよい品種があさひの夢です。

なすひかり

【特徴】
 栃木県で開発されたオリジナル品種の「なすひかり」。コシヒカリより収穫が早く、一粒一粒が大きいのが特徴です。コシヒカリを母方に持ち、食味も良好。日本穀物検定協会による食味ランキングにおいて「県北地区」なすひかりが22年産から3年連続で最高評価の特Aを獲得しました。
 パッケージは、実りの秋の使者「とんぼ」がデザインされたもの。おいしさとともに栃木の実りをお届けします

                   

とちぎの星

【特徴】
 「とちぎの星」は26年産米からデビューした、栃木県オリジナル品種。「なすひかり」を父親にもち、あさひの夢よりもやや多収で大粒であるという特徴をもっています。炊飯した時の増加倍率が高いのも特徴です。
 どんな米袋の中でも目をひく、青いパッケージには輝く星で栃木県がかたどられており、その名の通り栃木県の星となるような思いが込められています。

                   

                   

小麦

【特徴】
 栃木県で生産される小麦は主に4品種。「さとのそら」、「イワイノダイチ」は小麦粉として製粉し、主にうどんなどに加工されます。また、「タマイズミ」は、中華めん用や、醤油の醸造用に、「ゆめかおり」はパン用に作付されています。

二条大麦

【特徴】
 二条大麦は、全国屈指の生産量を誇り、なかでもビール醸造に使用されるいわゆる「ビール麦」では全国一の生産量です。主な品種は「サチホゴールデン」、「アスカゴールデン」など。ビールだけではなく焼酎の原料としても使われる栃木の麦秋(5月下旬~6月上旬頃)を彩る作物です。

六条大麦

【特徴】
 六条大麦は、健康食品としても見直されている麦ご飯(押し麦・米粒麦等)や麦茶に加工される大麦です。主に作付けされている品種は「シュンライ」です。

大豆

【特徴】
 全国で有数の生産量を誇ります。主要な品種は煮豆や豆腐に適した「タチナガハ」です。また、収量性や品質の優れた「里のほほえみ」への作付転換も進めています。

お知らせ

JA米

JA米は、栽培履歴がはっきりしたお米です。JAグループ栃木では、5つの要件を満たしたお米を「JA米」として皆さんにお届けしています。

詳細

JAグループでは消費者がより安心して食べていただけるお米を安定供給するため『JA米』ブランドの確立をめざします。

  1. 銘柄が確認できた種子により生産されたお米。
  2. 国および登録検査機関において検査を受けたお米。
  3. 栽培履歴記帳が確認されたお米。
  4. 網目1.85ミリ以上を使用し、適正に調整されたお米。
  5. 米GAPチェックシートを提出し、点検を受けたお米。

パールライス部

「栃木米」を全国のお客様へお届け!
お米の仕入から製造・販売を行うパールライス部とは?

「栃木のお米が届くまで」(動画)