私たち全農グループは、生産者と消費者を安心で結ぶ懸け橋になります。

JA全農とちぎ

JA全農とちぎのGAPの取り組み

ホーム » JA全農とちぎのGAPの取り組み

JA全農とちぎのGAPの取り組み

JA全農とちぎのGAPの取り組み

GAP(農業生産工程管理)について

 食品の安全だけでなく、品質や環境、労働安全等にも配慮した生産工程の管理手法のこと。産地・農業者が取り入れ、自らの営農・生産状況に応じて取り組むことが、安全な農産物の安定供給・環境保全・農業経営の改善・効率化の実現につながります。

GAPのマネジメントサイクル

 農薬や肥料等の生産履歴や衛生管理などを含むチェックすべき農作業項目を設定し、実施状況を記録するとともに、それを点検・評価して改善すべき点を見つけ、次回の作付けに役立てます。

産地・農業者が作成・実践

 産地・農業者がそれぞれの地域の気象条件・土壌条件・作付け時期等にあわせてアレンジ、実践しながら、毎年見直しを行う。