私たち全農グループは、生産者と消費者を安心で結ぶ懸け橋になります。

JA全農とちぎ

JA自己改革の取組

ホーム » JA自己改革の取組 » 【コスト低減】BB水口ポン太~追肥時間75%カット実現!!~

JA自己改革の取組

【コスト低減】BB水口ポン太~追肥時間75%カット実現!!~

コスト低減の取組として「BB水稲流し込み肥料(追肥)"水口ポン太"」のご紹介をいたします。暑い季節に水田に入ってり、重い動力散布機を背負ったりする必要がなく、導入すれば稲作作業における追肥時間が75%も削減可能になります。

~BB水口ポン太の特徴~

BB水口ポン太
  • 流し込み専用の水稲NK追肥肥料です。水に溶けやすい原料を使用しています。
  • 水口に投入するだけなので圃場に入ることなく追肥作業が可能
  • 追肥にかかる時間は約1/4
     (13分⇒3.3分/10aあたり)
  • 使用方法によっては施肥ムラや倒伏のおそれがあるため、倒れにくい品種で使用する等ポイントをよく守って正しく追肥しましょう!

28年産から水口ポン太の供給が開始となり、県全体の実績は145haとなりました。29年産は導入面積280ha(2,800袋)を目標に、担い手・大型生産者に対し推進を行っています。

~BB水口ポン太の使い方~

肥料をネットに入れます。

水口に肥料をポンっと置き、水口を開けます。
ネットを軽くゆすると早く溶けます。

水位があがったら水口を閉めて
流し込み追肥完了!

 

~実際に使用してみて~

JAはが野 舘野さん夫妻

3年前より”あさひの夢”を作付し、作業は基肥だけで精一杯でした。昨年初めて”水口ポン太”を使用し、作業が楽なうえ、追肥を行うことで増収も期待でき、県平均約540kg/10aのところ750kgという結果になりました。基本的な作業手順を守れば失敗なく、効果が期待できます!

JAはが野 舘野さん夫妻。飼料用米としてあさひの夢を2.4ha作付。